Press "Enter" to skip to content

香典返しは悩むところです

もしも私の家族が葬儀を行った時には必ず香典がたくさんあります。額になるとバラバラですが最後には香典返しをしないといけない決まりになっていると思います。しかし何がいいのか本当にわからないことがたくさんあります。一番人気があるのはカタログの中からお好きな一品を選ぶのがあります。もらった金額によって安かったり高かったりすることになります。もちろん喪主さま家族が支払うので返された家族側はゆっくりと選ぶだけなのでうれしいと思います。それ以外には洗濯機用と台所用の洗剤がいいのではないかと思います。たくさん使う所もあるのでとても喜ぶと思います。もしも4月以降に返すとなればもらった側も喜びか本当にいいのだろうかと思うことがあります。返す商品を購入するにもかなりの税金が必要になりますのでとても残念ばかりです。

香典返しの品物とマナー

香典返しとは、お通夜や葬儀の際にお供え頂いた香典への返礼のことです。一般的には、忌明けの頃(四十九日が過ぎた後)、ご挨拶状を添えて相手先に配送する形となります。品物としては、悲しみを流すという意味合いから、お茶や海苔などの後に残らないものが良いとされています。ただし、食品でも肉や魚などは「四足生もの」と言われ、殺生を連想させるとし、香典返しでは昔から避けられているため、注意が必要です。その他よく用いられるものとしては、タオルやハンカチ等の実用品や、近年では商品券やギフトカード、相手先が好きな品物を選べる「カタログギフト」等の人気が高くなっています。品物の金額としては、頂いた額の「半返し」が基本です。尚、葬儀当日に一律でお返しの品物をお渡ししている場合は、金額の大きかった方にのみ差額分程度の品物を贈る方法が一般的です。配送の場合、忌明けが済んだという報告と改めての御礼の旨を書き記したご挨拶状を、品物に同封する必要がありますが、手渡しの場合は必要ありません。尚、弔電のみを頂いた場合は、香典返しは不要です。葬儀が終わった後、出来るだけ早い時期にお礼状を送ります。

香典返しにもらったものとは

香典返しとは結婚式でいう引き出物のようなものなのですが、香典返しには何をもらいましたか。私が数年前に出席したお葬式のときにはハンカチタオルをもらいました。このタオルはブルーの渋いデザインのもので一枚入っていたのです。私の参加した葬式は小規模なものでしたのでこのようなものだったのかと思います。しかしすごく色々と考えて誰もが使えるものを選んでくれたのがよかったと思います。またハンカチタオルの色が渋い色だったのはお葬式だったからだと思います。これがもしも結婚式の引き出物でしたらもっとカラフルな色合いのものを選んでいたと思います。いまでもこのハンカチは使っていますし重宝しています。もしも選ぶなら役立つものを選ぶのが一番です。タオルハンカチの他にもハンカチでもいいかも知れません。こちらもよく使われるからです。