Press "Enter" to skip to content

北海道の結婚式は会費になっている

北海道の結婚式は会費になっています。だからお祝いを包んだりしないでいいのです。3万円とかいくらか包むところが当たり前になっています。人それぞれで包む金額も違っているのですが、北海道では会費15000円とか決まっているのです。それとは別にお祝いを包まなくてもいいのです。だからとてもわかりやすいし、よびやすいです。気をつかってしまって悪いなって気がしてしまいがちですがここならそんな気をつかわないでいいのです。そして多くの人にお祝いをしてもらえます。こうやって会費になっている方が行く方もわかりやすいし、よぶ方も気をつかわないでいいのです。そしておいしい食事をたべてもらってそして引き出物をもらっていただくことができます。人によって金額が違っているのがすごく気をつかってしまうので北海道のようになっていると結婚式もいいになります。

北海道における結婚式の会費について

北海道の結婚式の大半が、会費制で行われます。誠に合理的な発想からなる結婚式ですが、明治時代に開発された北海道は、招待制で行われる式は本当にわずかです。その結婚式と言うよりも披露宴に出席する費用は、都市部では1万5千円から2万円くらいの金額が普通になっているようです。この費用だけ終わらないのは、親戚など身内の方々ではないでしょうか。そこには、祝儀を含んだものになることから、ごく近いと言われる親戚筋の人は、プラスαの金額を用意するようです。また、お祝いの品を提供する方もいると考えられますが、この場合結婚される方の親族からそのような人からは、会費を取らないようにと、受付の方に指示する場合もあります。つまりお祝いの品を提供した人からは、費用を頂けないことになる場合もあります。これは、あくまでも結婚式を挙げる両家の考え方によります。

北海道のような広大な所の結婚式は会費もいります。

北海道のような広大な所の結婚式は会費もいります。でも、あこがれではあると思っています。あの広大な場所でみんなに祝福されて式を挙げるのは、本当に気持ちのいいことです。しかし、本当に実現しようと思ったら以外にハードルが高いのです。そうはいっても諦めてはそこで終わってしまうのです。自分の理想を最大限に持っておくことが何よりも重要なことなのです。そうでないと、なかなかいい式には結びつかないはずです。自分の理想をしっかりと持ってビジョンを明確にしていくことが求められます。もちろん決まった形ではないので、一から考えていくことが必要になります。それは、大変なことだと思っています。しかし、楽しい作業でもあると思っています。新しい門出を祝う一大イベントなのですかから、自分の好きなことをしたらいいと思うのです。